スポンサーリンク

スマホや鍵を失くしたり、どこに置いたかよく忘れる人にオススメの「Tile Mate」を使ってみた!

どーも、けしたんです。
鍵やスマホをどこに置いたか忘れて、探し回ることが多い僕…。

 

鍵やスマホが見つからない時って、めちゃくちゃ焦りますよね。
部屋の中にあるのにそれに気づかず、僕はいつも「失くしてしまった…。」と思い込んで絶望することが多いです。
(冗談抜きでテンパリますw)

 

そんな僕が「スマホやカギなどを簡単に見つけることができる」という噂の商品を購入しました。
使ってみたところ、かなりの救世主アイテムでした。

 

スポンサーリンク

僕が買った商品はコレ!

僕が買ったのは、「Tile Mate」という商品です。
落としモノや失くしたモノをすぐに見つけることができます。
携帯のGPS対応なので、落としたところを地図で探すこともできます。

 

さっそく設定して使用してみたのですが、操作性も簡単で使いやすいです。
僕はスマホと鍵を部屋の中などでよく失くすので、とりあえず家ですぐスマホや鍵を探せるか使ってみました。

 

 

その際の使い心地をレポしていきますね。

 

Tile Mateの使い方!

 

誰もが使う場面が多そうなスマホと鍵を探すやり方を解説します。
「Tile Mate」を使う前にアプリなどの設定を事前にする必要がありますが、その解説は後ほどしますね。

 

スマホを探してみた!

まずはスマホを探してみました。

 

使い方はとっても簡単!
「Tile Mate」の真ん中のボタンを2回押すだけです。すると、スマホから大きめの音が鳴り響きます。

家の中だったら、確実に気付くほどの音量です。外でも距離がそれほど遠くなければ、気付くと思います。

 

Tile Mateを使用すれば「スマホどこいった?」と、部屋で探し回る必要がなくなります。
よくスマホを紛失する僕にとっては、めちゃくちゃありがたいです。

 

カギを探してみた!

次は鍵を探してみました。
Tile Mateのスマホアプリを立ち上げると、カギを探すボタンがあります。

このボタンをポチッと押すだけ。
すると、大きな音量が鳴ります。
部屋にいれば、必ず気付くレベルの音です。

 

近い距離に「Tile Mate」があれば、スマホに「近くにあります」と表示もされます。

 

他にどんなモノに使えるの?

「Tile Mate」は、鍵とスマホ以外でも使えます。
バック、財布、自転車、タブレット、ノートパソコン、カメラ、スーツケースなど失くなったら困るものに付けられます。

 

キーホルダー感覚で付けられるように丸い穴が空いてます。
僕はキーリングに付けてます。

財布の小銭入れの中にも入れられる厚みです。

 

Tile Mateの大きさはどれぐらい?

大きさは、500円玉をひと回り大きくした感じです。
厚みは、500円玉を3枚ほど重ねたぐらいです。

大きさがそれほどないので、どんなアイテムにも付けやすくて、入れやすいです。

 

Tile Mateの設定方法

 

「Tile Mate」の設定の仕方は簡単です。
まずはTile Mateのアプリをインストールして、アプリ内で設定するだけです。

 

アプリのインストールの仕方

説明書にQRコードがありますので、それを読み込んでインストールするだけです。
もしくはアプリストアで「Tile」と入力してください。

 

アプリの設定方法

アプリをインストールしたら、新規登録でメールアドレスとパスワードを入力します。

 

その後、先程登録したメールに認証確認メールが届くのでボタンを押して認識します。

 

あとはBluetoothとロケーションアクセスを設定します。
ロケーションアクセスは「常に許可」にします。
「常に許可」に設定しないと正確に探すことができないようです。

 

Tile Mateをアプリに登録!

次はTile Mateをアプリに認識させます。
「Tileを追加」ボタンを押します。

 

ボタンを押すと以下の画面になるので、自分が持っているタイプを選択してください。

 

その後、自分が使用する目的のカテゴリーを選んでください。(カテゴリーは後から違うものに変更可能です。)

 

以下の画面になるので、スマホの横にTile Mateをピッタリ近づけて、Tile Mateの真ん中のボタンを押すと登録完了です。

 

ホーム画面で自分が登録しているタイプを確認できます。

 

地図で探せる!

下のボタンを押せば、Tile Mateのある場所を地図で確認できます。

Tile Mateを失くした場合、自分の足取りをたどって、Tile Mateを最後に検知した場所を確認することもできます。

 

対応OSは?

アンドロイドとiPhoneで使用可能です。
対応OSは、Android4.4以降とiOS9.0以降です。

電池の寿命は1年なので、電池切れには注意してください。電池交換は出来ませんので、また新しく購入する必要があります。
ユーザー登録をしていれば、次回の購入は安い価格になるらしいです。

 

ユーザー登録の方法!

説明書に記載してるQRコードを読み込んで、必要事項を入力すれば完了です。
ユーザー登録はすると以下の特典があります。

ユーザー登録の特典

・電池切れした時の追加購入の値段が安くなる
・メルマガ優待情報がもらえる
・電話サポートを受けられる

保証期間は?

保証期間は1年間です。
安価な商品なのに保証が1年も付いてるのは嬉しいですね。

 

まとめ

Tile Mateを実際使ってみて思ったのは、使いやすくて便利だということです。
自分が探しているものだけではなく、スマホも探せるのはとても良いですよ。

 

よくモノやスマホを失くして、探すのに苦労する人にはぜひ使ってみてほしいです。

 

 

僕はよくモノを失くすので、必須アイテムになりそうです。
これで失くしモノとはおさらばです!

 

ではでは、ちゃお(・∀・)ニヤニヤ

コメント

Copyrighted Image